ワードプレスの見出しタグの使い方と必ず注意する点や番号の秘密

fb573ea9bb4837b27dabf6a35a776b1e - ワードプレスの見出しタグの使い方と必ず注意する点や番号の秘密

恐らく最初に見出しに出会ったのは、
読書の時ではないでしょうか?

物語や内容を話の内容ごとの
見出しが入っている方がわかりやすいですよね。

もちろん、ブログでも同様のことが言えます。

 

見出しを入れていない記事では、
読んでいても最後まで読む気になりません。

 

また、上位表示させてアクセスを
集めるのであれば、必ず見出しは必要になります。

 

今回はワードプレスの見出しの使い方と注意点に
ついて解説していきます。

それでは早速参りましょう。

 

見出しとは?

classified 2651347 640 300x200 - ワードプレスの見出しタグの使い方と必ず注意する点や番号の秘密

 

見出しはこれだよ!

ブログに置いての見出しとは ↑ のことになります。

話の流れが変わったり、テーマが変わった時に
用いるのが基本的なブログにおいての見出しになります。

段落を分ける事によって、

読み手も内容をスムーズに読み取る事ができ、
結果滞在時間が伸び、Googleからも高評価を得る事ができます。

ですが、見出しにも種類があり、
使い方を知らないと、逆効果になるリスクもあります。

では、実際に見出しの使い方をを解説していきます。

 

見出しの挿入方法(使い方)

ワードプレスの記事投稿画面を表示します。

ビジュアルエディター画面の「段落」と表示している
所をクリックしましょう。

 

384caa6f7eb6e3704dd9522cac28fbef 300x133 - ワードプレスの見出しタグの使い方と必ず注意する点や番号の秘密

 

すると、見出し+数字がいくつか表示されます。

 

85a309577d40618318c41e1f79a235b0 300x178 - ワードプレスの見出しタグの使い方と必ず注意する点や番号の秘密

 

この中で実際に記事作成時に使用する見出しは
基本的に見出し2〜4になります。

使いたい見出しをクリックすると、
記事作成部分のカーソル位置に見出しを挿入する事ができます。

 

テキストモードで挿入する場合

 

テキストモードでも見出しを挿入する事ができます。

例えば「テキストモード」という見出しを「見出し2」で挿入したい場合は、

<h2>テキストモード</h2>

とテキストモードで入力すれば、見出しを作成する事ができます。

頭と後ろにある、通称「hタグ」で挟んだ文字が
見出しになります。

また「hタグ」の数字が見出しの種類になるので、
先ほどのビジュアルエディタの場合の、「見出し2」に該当します。

「見出し3」にしたい場合は、数字を変更するだけで問題ありません。

テキストモードの使い方についてはアフィリエイトリンクの貼り方にて解説しています。

ビジュアルの方が簡単ではあるので、
私はビジュアルモードの見出しを推奨します。

 

 見出し2〜4の使い分け

基本的に使う見出しは、

  • 見出し2
  • 見出し3
  • 見出し4

の3つになります。

ですが、個人的には見出し4もほとんど使わないので、

実質、見出し2〜3を使用します。この記事も2〜3しか使っていません。

見出し2の方が大見出しで、続いて3〜4と
数字が増えるほど小さい見出しになります。

例えば、記事内の構成を以下のように作ります。見出し4も使用する場合も参考に。

見出しの種類と使い方(見出し2)

文章

見出し2の使い方(見出し3)

文章

見出し3の使い方(見出し3)

文章

見出し3の使い方の注意点(見出し4)

文章

のように見出しを使い分けるようにしましょう。

できるだけ重要な事や読み手に必要な情報は
大きい見出しを用いた方がSEO的にも良いと言われています。

 

Googleも見出しをクロールしてくるので、

 

「この記事にはユーザーにとって大事な情報があるな。」

 

と判断してくれるので、結果上位表示させる事ができます。

読みやすさだけでなく、
強調したり、重要な要点をわかりやすくするために使うように意識しましょう。

 

他の見出しを使わない理由

stop 2717058 640 1 300x300 - ワードプレスの見出しタグの使い方と必ず注意する点や番号の秘密

 

一応、豆知識として他の見出しを使わない理由を説明します。

私自身も今まで使用した事がないのですが、
問題なく記事を上位表示させる事ができています。

 

見出し1と段落について

 

  • 段落=通常の文章(見出しではない)
  • 見出し1=記事タイトル(本の表紙)

 

段落は見出しではないので、使用しません。
通常の文章作成の文字入力が全て段落になります。

見出し1については、ブログを本に例えるのであれば、
表紙のようなもの。

記事タイトルがあるのに、更に記事タイトルを文章中に入れる
ような物なので、使わないようにしましょう。

 

見出し5〜6について

見出し5〜6までについては、
小見出しになるので、基本的には使用しないようにしましょう。

文章中に見出しは必要ですが、
入れ過ぎも良くないので注意しましょう。

 

テンプレートによって多少異なる

私が使用しているテンプレートは「ストーク」になります。

他のテンプレートの場合、多少表記が異なる場合がありますが、
基本的に使用する見出しは見出し2〜4は変わりありません。

混乱しないようにしましょう。

 

まとめ

design 1210160 640 300x200 - ワードプレスの見出しタグの使い方と必ず注意する点や番号の秘密

 

いかがだったでしょうか?

今回は見出しの使い方について解説しました。

よくネット上を見ていると、
見出しをほとんど使っていない人が多いのを見かけます。

 

読みやすさももちろんですが、アクセスを集めて、
ブログで収益を得るためには必須になります。

 

GoogleAdSenseで収益を得たいのであれば、
しっかり見出しを活用していきましょう。

是非、参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です