SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

f65f1f621ef7b3a84c5a7251952a2720 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

ブログやネットビジネスについて調べていると、
「SSL化」という言葉を昨今見かけるようになりました。

まだ、ブログを立ち上げたことがない人や、
初心者の人は、

 

「SSL化ってなんの事!?」

 

って思う人がほとんどだと思います。専門用語なので、理解しにくいです。

 

まだ、自分のブログをSSL化していないのであれば、
必ずしておきましょう。

 

今回はSSL化について解説して行きたいと思います。

手順は至って簡単です。手順を追って説明します。

また、SSL化は有料との噂もあるんですが、
実際はどうなんでしょうか?

それでは、早速参りましょう!

 

SSL化とは?

https 3344700 640 300x120 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

SSL化とは、

通信の全てを暗号化する事で、ユーザーの個人情報やログイン情報などを第三者からの盗聴を防いで、
不正や悪用を未然に防ぐことができます。

SSL化しているか、していないかは、
表示しているサイトのURLを見ればわかります。

 

http:// = SSL化されていない。

https:// = SSL化されている。

 

Sがあるかないかで判断することができます。

また、https://の前の表示でも確認することができます。

「保護されていない通信」と表示されていれば、SSL化されていません。

 

097af4d778d3b29ffbac5e5b6653b87c 300x51 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

以前は「保護された通信」と表示されていましたが、
現在はSSL化されていれば、下のような南京錠が締まったマークが表示されるようになっています。

54c5ceb3d87b5fa3bc8ca4792759b082 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

鍵マークがついていれば、SSL化はされています。

 

常時SSL化とは?

常時SSL化という言葉もよく見かけます。

実は以前からSSL化はあったのですが、

クレジットカード情報など、個人情報を取り扱う
ページのみをSSL化していました。

ですが、今では様々なページに個人情報は表示されている
ため、全てのページをSSL化することが推奨されています。

ブログ・サイト全体、全てのページをSSL化することを
常時SSL化と呼ばれています。

なので、これから行うSSL化は「常時SSL化」を指します。

実はSSL化はセキュリティーを保護するだけの
メリットではありません。

 

SSL化のセキュリティー以外のメリット

hacker 1944688 640 300x200 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

SSL化する事で、自分のサイトやブログを悪の手から守ることができます。

その他にもSSL化する事で、良くなることがあります。

表示速度の向上

SSL化する事で、通信を何もか設ける必要がなく、
厳選されるので、ページの読み込みスピードが早くなります。

ページの表示速度もGoogleは評価対象としているので、
気に入られる要素になります。

 

ユーザーも読込みが遅いサイトだと、
どうしても離脱されやすい傾向にあります。

 

SEO効果

ページの読み込みスピードが上がると、
上位表示されやすくなる事は説明しました。

 

GoogleもSSL化を推奨しています。

 

安全なサイトを優遇するのは言うまでも
ありません。

 

しっかり稼ぎたいのであれば、SSL化は必須事項です!

 

SSL化の手順

まずはエックスサーバーのサーバーパネルを
表示しましょう。

エックスサーバーのサイトはこちら。

 

642da885c59b615782cadb0b707584fd 300x192 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

サーバーパネルに移行すると、
左下の「設定対象ドメイン」の部分を
SSL化したいドメインを選択しましょう。

 

345765441650e0a9d3866c1e56378c6b 300x193 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

次に右上の「ドメイン」の項目にある、「SSL設定」
を選択しましょう。

 

1d01fda72429ee11e2bd41d6fc26ee7d 300x187 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

「独自SSL設定の追加」のタグをクリックしましょう。

 

9213168ee4913b4f34d6e62215dfaec9 300x146 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

そのまま何も触らずに、SSL化したいサイト名を確認して、
「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしましょう。

CSR情報を入力の所もチェックしなくて問題ありません。

7d2620902417b164ce3eec52c05d0f4c 300x127 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

設定完了までは、30分〜1時間程度かかります。

その間は「https://」のURLに入ろうとしても、
「安全な接続ではありません」と表示され、進めません。

時間が経過してから、サイトを訪問して、
正常にサイトが表示されるようになれば、完了です。

サイトが正常に表示されるのを確認してから、
次の設定に移行しましょう!

 

WordPressの一般設定でURLを変更する

ワードプレ内でURLがそのままになっている部分を変更していきます。

ワードプレスの管理画面を表示しましょう。

48ecf54e3b11ae17e1fd16e4b57bb281 300x262 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

左サイドバーの「設定」の中で「一般」を選択しましょう。

 

5a75d8ce2917338f26af509ffe4a80f3 300x160 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

一般設定の、URLの部分2箇所を

「https://」に打ち替えて変更しましょう!全角・半角を間違えないように
注意しましょう!

「変更を保存」をクリックすると、自動的にログアウトするので、
再度ワードプレスにログインしましょう。

以上でSSL化への移行が完了しました。

すでに記事数がある程度ある状態の場合、
プラグインを使って、一括で置き換えましょう。

 

Search Regexで一括置換する

全て手動で置き換えていると、記事数が多い場合、
かなり時間と手間がかかります。

まずは「Search Regex」のプラグインをインストールして、
有効化しましょう!

プラグインの新規追加の検索欄に「Search Regex」をコピペしましょう。

a47e4e59d32412042e98ed361a50e5ad 300x167 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

プラグインを有効化したら、管理画面の左サイドバーから、
「ツール」「Search Regex」を選択しましょう。

d540ff18038016612271013b90ee1357 300x106 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

画像のように、「http://」を「https://」に置き換えたいので、
真ん中の枠に、「http://」のドメイン、下の枠に「https://」のドメインを入力しましょう。

その他は触らずに、下に3つあるボタンの「Replace」をクリックしましょう。

8be49602ed07917fbe9bebcf36e3fbdf 300x130 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

私のサイトでしてみると、そのままになっていた部分がありました。

特に問題なく置き変えても良さそうであれば、
「Replace & Save」ボタンを押して、置換完了です。

 

SSL化は費用がかかる?

piggy bank 2889046 640 300x180 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

SSL化は基本的にエックスサーバを使えば、無料でできます。

有料のものもありますが、個人で運営していくブログであれば、
上記の方法が一番簡単でおすすめです。

私も、今回紹介した方法で
何も困らずに運営して、報酬を得ています。

 

まとめ

keyboard 621830 640 1 300x201 - SSL化の解説!WordPressで常時SSL化の手順と方法や費用

 

いかがだったでしょうか?

今回はSSL化の方法を紹介しました。

ネット上でも様々な方法が紹介されていますが、
是非参考にしてみてください!

 

今後、SSL化はほぼ義務的なものに
なってくると思います。

 

ブログを立ち上げる際に、忘れずにやっておきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です