Lazy loadでページの読み込みスピードを改善してSEO対策

2d09f2d7d9aafb48b4bff94fa190203d - Lazy loadでページの読み込みスピードを改善してSEO対策

ページの読み込みスピードはSEOに
直接関係してきます。

ユーザーの利便性で大事な項目です

 

「読み込み遅いなー。」

と感じるだけでも、ユーザーの不満に感じています。

「遅いから、別のサイトに行こう。」

 

って、なった事が私もあります。
大事な文章すら読んでもらえず、離脱されてしまうのは
非常にもったいないですよね。

今回はそんな悩みを軽減してくれる、
Lazyloadというプラグインを紹介します。

それでは、早速参りましょう。

 

Lazyloadとは?

loading 645268 640 300x211 - Lazy loadでページの読み込みスピードを改善してSEO対策

 

Lazyloadは画像の読み込みを直接早くしてくれる
わけではありません。

 

記事やサイトにある画像を、
遅延して読み込んでくれます。

 

一気に全ての画像を表示しようとすると、
その分大きな力が必要になり、重くなってしまいます。

Lazyloadをプラグインしていると、
画像を適切なタイミングに表示してくれます。

 

要するに、
自分が見ている範囲のものから優先的に表示し、

少しずつダウンロードするので、
重くなりにくいのです。

 

Googleからも読み込みスピードは評価対象

google 408194 640 1 300x150 - Lazy loadでページの読み込みスピードを改善してSEO対策

 

Googleに良い記事と評価してくれる項目として、
読み込みスピードも重要な項目になります。

 

画像がサイトの転送量の大半を
占めているので、重たい人は対策をとりましょう。

せっかく良い記事を書いていても、
上位表示されにくくなります。

何より、ユーザーの離脱が一番残念なので、
読み込みスピードは注意しましょう。

Lazyloadはその手助けをしてくれるプラグインです。

 

Lazy loadの設定

では、早速プラグインをインストールしていきましょう。

プラグインのインストール方法についてはこちら。

似たような名前のものがあるので、注意してダウンロードしましょう。

 

04aeae1faaf1c32f73024c16ff330e48 300x249 - Lazy loadでページの読み込みスピードを改善してSEO対策

 

上記の画像の赤枠のものが、Lazyloadです。

Lazyloadは設定はありません。

「有効化」しただけで、画像読み込みを遅延してくれます。

初心者に優しいですね。

 

まとめ

computer 767781 640 1 300x200 - Lazy loadでページの読み込みスピードを改善してSEO対策

 

いかがだったでしょうか?

今回はプラグインLazyloadについて紹介しました。

どうしても、高画質な画像を
そのままブログ上に載せてしまうと、

 

動作はかなり重くなってしまいます。

 

いちいち、画素を落とすなどするのも
手間がかかりますし、面倒です。

設定も必要ないので別のプラグインと
干渉しないのであれば、インストールしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です