あと自分が何日生きれるか知ることで、時間の有限を実感しよう!

0ea2c50be4fe245cbed078bdf7526286 - あと自分が何日生きれるか知ることで、時間の有限を実感しよう!

あなたは後どれくらい生きていられるのか、
考えたことはありますか?

私たちは、日々普通に生活していると、
時間に限りがある事を意識していないと思います。

1日1日が過ぎるごとに、死へと近づいています。

自分が後何日生きれるかなんて、誰にもわかりません。

終末期の人か、余命宣告をされている人以外は、
考えないのが普通です。ですが、

 

確実に人生の限りある時間は毎日少しずつ減っています。

 

今回は、自分があとどれくらい生きることが出来る
のか知ることで、時間の大切さを実感してもらいます。

それでは、早速参りましょう。

 

自分に残された時間を知る意味

clock 1031503 640 1 300x169 - あと自分が何日生きれるか知ることで、時間の有限を実感しよう!

 

まずは自分に残された時間を計算してみましょう。

余命カウントダウンタイマーというサイトで
生年月日を入力すると、表示されます。

余命カウントダウンタイマー。死亡推定年/日時と残された時間/日数(余命)をリアルタイムに表示します。

 

余命などが表示されるだけでなく、

カウントダウンタイマーが表示され、
1秒ずつ余命へと近ずいている事がわかります。

余命のカウントダウンは決して止まることはありません。

刻々と減っています。

タイマーの下には、円グラフがあり、
生きてきた時間と残された時間が表示されます。

多くの人が思うのではないでしょうか?

「えっ!もうこれだけしかないの!?」

思っている以上に、
人生はあっという間ということがわかります。

 

もし、今あなたが、ダラダラ過ごしているのであれば、
その間も余命のカウントダウンは始まっています。

 

思うことがあるのではないでしょうか?

しかも、このタイマーは
何もない健康な状態の場合です。

 

いつ何が起こるかわからない

armageddon 2546068 640 300x168 - あと自分が何日生きれるか知ることで、時間の有限を実感しよう!

 

人生何があるかわかりません。

明日には今と同じ状況で生きているとも
限りません。

 

  • 病気
  • 事故
  • 災害

 

今日は健康でも、明日には歩けないかもしれない。

急に交通事故にあうかもしれない。

天変地異が起きて、世界が滅ぶかもしれない。

 

憶測ですが、本当に何が起こるかわかりません。

 

実際に災害の被害を受けた

rain 84648 640 300x198 - あと自分が何日生きれるか知ることで、時間の有限を実感しよう!

 

2018年7月に西日本を襲った、西日本豪雨災害。

私の住んでいるとこから、車で1時間もかからない場所が
大水害で全て泥水に浸かってしまいました。

幸い、私も家族も被害はなかったのですが、
私の音楽関係の機材が全てダメになりました。

もちろん、亡くなった人もたくさんいます。

私を含め、全ての人がこんな大災害になるとは
予想していませんでした。

この時、初めて当たり前が当たり前でない事を
実感しました。

あなたが今置かれている環境が当たり前でないことを
よく理解してほしいです。

少なからず、この記事を読んでいる人は、
ネットビジネスに興味がある人が多いと思います。

ネットビジネスさえも、できなくなる状態が
急に訪れるかもしれません。

出来ること、やりたいことは出来るときにやるべきだと、
心からそう思います。

いつ何が起こるのか本当にわかりません。

 

今できる事・やりたい事全力でやろう

happiness 824419 640 300x200 - あと自分が何日生きれるか知ることで、時間の有限を実感しよう!

 

時間は有限で、いつ何があるのかわからないです。

だったら、やりたい事やできる事は全力でやりましょう。

なんだって構いません。

もちろん、遊びでも構いません。
できなくなった時、後悔しても遅いからです。

やりたくない仕事をしているのであれば、
やりたい仕事を探したほうが良いです。

嫌な事をせず、好きな事で生きていける時代がくる話はこちら。

後悔しない選択をしていきましょう。

 

まとめ

girl 2940655 640 300x200 - あと自分が何日生きれるか知ることで、時間の有限を実感しよう!

 

いかがだったでしょうか?

自分の残された時間を知ると、
時間の大切さを尊さを感じることができると思います。

 

もし、あなたが作業ができず、ダラダラしているのであれば、
余命カウントダウンタイマーを確認しましょう。

 

自分に残された時間が少ないと感じれば、何かしら行動して、
ダラダラしている暇なんてありません。

 

後悔のない人生を歩むためにも、
時間の有限を実感しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です