グーグルアドセンス項目のページCTRやRPM・CPCの意味を解説!

e9bd2b0c8fe9f6641a1e551d15897a34 - グーグルアドセンス項目のページCTRやRPM・CPCの意味を解説!

GoogleAdSenseでは、利用するユーザーにとって、
収益を上げるヒントをくれたり、様々なアシストをしてくれます。

アドセンスの審査を突破して、
いざアドセンスの管理画面を開いて見ると、

 

なにやらよくわからない、英語表記が、、、。

 

なんのこっちゃ分りません。
これでは、アクセスや収益の分析ができないので、
検索して調べました。

 

なので、今回はGoogleアドセンスに登場する、
専門用語解説をしたいと思います!

 

それでは、早速参りましょう!

アドセンスに登場する専門表記

school 1661731 640 300x225 - グーグルアドセンス項目のページCTRやRPM・CPCの意味を解説!

では、まずどんな専門語が登場するのでしょうか?

 

  • インプレッション収益
  • CPC
  • ページCTR
  • ページRPM
  • ガバレッジ

 

当時、私が気になったのは、以上の6つです。

それぞれ、意味を解説していきましょう。

 

インプレッション収益

インプレッション収益とは、広告表示回数1000回当たりの収益額を示します。

ちなみに計算式は、

 

インプレッション収益=見積もり収益額÷表示回数×1,000

 

で算出する事ができます。わざわざする機会もないですが。

アドセンス広告が1.000回表示されると、これだけ収益が発生しますよ!
という数値です。

数値が高ければ高いほど、クリックをよくされている事になります。

 

CPC

CPC=クリック単価の事をさしています。

アドセンス広告が一回クリックされて、発生する収益になります。

クリック単価は日々変動するので、
収益にダイレクトに繋がるので、気になる数字です。

 

ページCTR(クリック率との違い)

ページCTRとは、クリック率を示しています。

ですが、アドセンス管理画面では、別に「クリック率」とあります。

この違いとは、

  • ブログ全体の広告のクリック率であるか=ページCTR
  • 1ページあたりの広告のクリック率=クリック率

になります。

どちらも高い方が収益は大きくプラスに変わっていきます。

 

ページRPM

ページRPMとは、サイトが1000PVあった時に
発生するであろう金額の目安になります。

 

捉え方とすると、サイトのPVに対して、どれくらい効率よく稼いでいるのかを
知るための指標になります。

高ければ高いほど良い数値になります。

平均値としては、200円〜500円程度になります。

 

カバレッジ

カバレッジとは、表示されたページで広告が
表示されたかどうかの数値になります。

 

おそらく普通に更新しているサイトであれば、100%近いと思います。

ですが、アクセスがないサイトや、長い期間更新していないサイトでは、
カバレッジのパーセンテージは低下する事があります。

Googleも広告を貼っても効果が薄いサイトには
表示しない仕組みに練っているのかもしれません。

 

まとめ

silhouette 1632912 640 300x200 - グーグルアドセンス項目のページCTRやRPM・CPCの意味を解説!

 

いかがだったでしょうか?

今回はアドンセスに登場する専門用語を解説しました。

 

他のアフィリエイトでも同様な用語が使われている事が
多いので、ネットビジネスをするのであれば、必ず覚えておきましょう!

 

これで、アドセンスの収益を分析して、
更なる増収を目指しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です